アナルセッ!!!と脱糞


突然ですが、みなさんはうんこを漏らしたことがありますか??

私事ではございますが、私は何度か漏らしております。そう、うんこを、漏らしているのです。

人間だもの、うんこくらい漏らしますよね。
今この記事を読んでいるあなたが、うんこを漏らしてとんでもなく焦っている状況ならば、私のこの過去の体験を読んで落ち着いてください。
はたまたあなたが何かをやらかし、とんでもなく落ち込んでいる状況ならばこの記事を読んで、「あ、自分はそこまで恥ずかしくないな。」「これに比べたら自分は余裕だな。」とあなたに勇気と元気を与えることが出来れば、嬉しく思います。


さて、前置きはここまでにして、タイトルにある通り私の脱糞話です。
ここから先は汚さマックスなので、読み続ける覚悟のある者だけ読み進めて行って下さい。
なお、私は普段からよくお腹を下し、漏らす危機に何度も直面しているので、ストッパ下痢止め(【ゆうパケット送料込み】【第2類医薬品】ストッパ下痢止めEX 24錠)、正露丸(【第2類医薬品】大幸薬品 セイロガン糖衣A (携帯用) 24錠)の使用を推奨しています。


あれは24歳の時のこと・・・。


当時私は一回り年上の男性とお付き合いをしておりました。
24歳からしたら一回りも年上の男性はとんでもなく経験豊富なジェントルマンですわよ。
何が経験豊富かって??
夜の営みについてだろ!!!!

そりゃ私よりも12年も長生きしてるんだから!経験豊富にもなるさ!12年の差がこれか・・・っ!!くそっ!たまんねぇぇな!!すけべ最高!!!ふぉぉぉおおおぉぉ~~~~~!!とすけべなスキルを日々磨き、すけべな知識を日々吸収する、すけべマスターへの階段を登る日々。


そんなある日、いつものようにすけべ最高!!うひょひょひょひょ!!!とよだれを垂らしていたところ、この経験豊富なジェントルマンが、なんとケツに突っ込んできやがりました。

割と最中にケツをいじられることがあり、この男はケツが好きなんやなとは思っていたのですが、まさか突っ込まれるとは思わないじゃないですか??
だってまずケツに入る訳がねぇだろってお話で、そして事前準備なく突っ込むなんて鬼畜の所業じゃないですか。
にも関わらず、なんの準備もなく、突っ込んで来たんですよ。イチモツを。

もうね、絶叫。

「ああ""あ"ああああ"あ"あ"------!!!」

リアルガチこの世の終わり。
この世が終わったと思ったし、私のケツは裂けたと覚悟した。
え、ケツ裂けたよね?これ?明日からうんこする時どうするの?それよりこれ病院何科?そもそも病院行ってアナルセッ!して裂けましたって言うの!?わしの人生は終わりじゃ!!!と走馬灯の如く色んな考えが駆け巡りました。
もちろん、その間も私は、声にならない叫び声をあげ、ケツが裂ける痛みに脂汗を滴らせていたのです。

ところがこのくそ男、私の声にもならない叫び声をとんでもなくよがっていると勘違いしやがりましてね。「もっと声出していいよ♥」なんてド阿保なこと言うんですよ。

「もっと声出していいよ♥」じゃねぇよ!声にもならない痛みなんだよ!てめぇのケツにも腕突っ込んで奥歯がたがた言わしたろうか!!!このくそボケオヤジが!!加齢臭がするんだよ!!!臭い息を!止めろ!!くそが!!!

と心の中では思っているんだけど、本当に痛すぎてどれも言葉にならない。やっとの思いで絞り出した声が、まぁエロ漫画もびっくりな喘ぎよ。

「ああ""あ"ああ"ああ"---!!!ぬ"い"て""えええ"え"-!!」

やっとの思いで絞り出した声と突如としてやってきた便意。
そう、まさかね、こんなところで便意。
24歳、花も恥じらう乙女です。ケツを裂かれようと、好きな男の前ではうんこなんぞ漏らせるかって話よ。
もう超必死。絶対、こんなところでうんこは漏らせない。今ここでうんこ漏らすくらいなら死んだ方がええ。うんこだけは絶対漏らしたらいかん!えむ子頑張り!!!と心の中のおばちゃんがめっちゃエール送ってくれた。

そのエールに応えねば!!と、「どけって言ってるんだよおおお!!!」なんて自分でも超絶びっくりなドスの効いた声が出た。
私自身もびっくりだから、ケツ裂き男はもっとびっくりだよね。え・・・・みたいなね。
いやいやいや、え・・・・じゃねぇよ、こっちはケツは裂けるし、うんこは漏れそうだし、え・・・・じゃねぇよって感じなんですけどね、でもこっちはうんこ漏らすか漏らさないかで1分1秒を争う状態だから、そんなケツ裂き男のことなんて構ってられないのよ。
とかまぁ、自分を落ち着かせるために心の中ではマシンガントークかましてるけど、トイレ行きたくてこれまた超必死。
急いでトイレ行きたい!でも今走ったら振動で終わる!くそかっこ悪いけど背に腹は変えられない!全裸小走りや!!と覚悟を決めたその時。


私のケツと腹と大腸は限界を迎えた。合掌。


あの瞬間程全てがどうでもいいと感じたことはないです!
貴重な経験をすることが出来ました!私は24歳にして無の境地へと辿り着くことに成功したのです!
そして好きな男の前でうんこ漏らせば最早無敵!25歳の冬にも酔いつぶれてうんこ漏らしました!そして先日もうんこ漏らしました!

うんこ漏らすくらいもう恥ずかしくとも何ともないね!だからみんなもうんこ漏らしても落ち込まないで!!!


2 comments

    1. test様
      私の恥を全世界に晒してしまいましたが、一人でも多くの方へ笑顔をお届けできれば本望です!!
      お読み頂きありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です